オトギ村だより10号 「なつのおもいで」

村長ですよ~!

あいかわらず暴力的な気候が続いていますが、今日はなんだか過ごしやすいから、このスキにオトギ村での夏の思い出でも書き残しておこうと思います。梅雨あたりまでさかのぼっちゃうかな。

ボルト

まずはこのちょっと切ないおもいで。初期からの住人であるボルトがついにお引越しです。

人の入れ替わりが少なすぎるオトギ村、このままでいいのか、よし、次に引っ越しを申し出てきた住人は快く送り出してやろうと思っていた時に申告してきたのがボルトでした。

よしわかった!オッケー!いってらっしゃい!
とは言ったもののやっぱツラいっすよ~!

もうサントスとのキザトーク聞けないのかよ~!ペンギンが居なくなるのもやだ~!というかそんな理由は後付けで、なんにも理由は無いけど村からいなくなるのがただただイヤなんだよ~!

うぅ~しかし~しかし~…村も変わらなくちゃ…いつまでも変わらない村じゃダメだ…。
そして梅雨の晴れ間にボルトは行ってしまった。

誰かが入り口のところにバラを植えてた。誰かがっていうか、すごくボルトがやりそうなことでなんだか微笑ましかったな。

しばらくはこのスペースをそのまま残しておこう。剥がれた草が生えそろった頃に、ボルト記念公園でも作ろうかな。

いつかまた商店街で会おう、ボルト!

新種発見!どうぶつの森っち!

ひっさしぶりに参加した虫とり大会!

でもカメヤマさんの辛口評価連発にちょっとやる気をなくしつつあったそのとき、ふと目をやった川の中にひときわ巨大な魚影が!

大きな影ならスズキとわかっていても釣らずにはいられないツリキチ村長がノータイムで竿を振ると…
ぎょえー!
(ひときわ巨大なギョエイ)

うらしま的触りたくない魚トップランカーのライギョじゃねーか!でも異常に引きが強くて楽しいんだよね。釣れたら釣れたでパニックなんだけど。

しかしこうやってチョコっとデフォルメするだけでわりと見られるものだね…現物のヘビとサカナの合いの子みたいなグロテスクさはかなり抑えられてる。スネークヘッドっていう名前もハイカラでいいね。

でもコイツ指を食いちぎるとか言うじゃない?村長みたいな持ち方はホント無理だよ…。

次はコレ、カエルかな?カエルじゃないよ、ゲンゴロウ

なんだか緑色の何かが川で浮き沈みしてるカンジがすごくカエルっぽかったけど、浮いてきたところを捕まえてみたらなんとゲンゴロウじゃないですか~!

いま珍しいらしいですよ~ゲンゴロウって。そのレア度は今やレッドリストに載ってしまうほどらしい。へぇ~だよね、そんなに珍しかったかな?

ちなみに仲間っぽい水生昆虫のタガメはカメムシの仲間で、ゲンゴロウとは親戚でも何でもないんだよ!タメになったねぇ~。

そういや香川照之の昆虫すごいぞでタガメの話やってたっぽいんだよなぁ~、アレ見てたらもっと話が膨らんだのでしょうけど、見てないのでこんなモンです。やっぱりあんまタメにならなかったねぇ~。

最後にコレ!メダカ!梅雨明けくらいだったかな!

メダカなんてスデに余裕で釣ってると思ってたから、メモしておこうっていうテキストが出た時はビックリした!

ただひとつ困ったのが、コレを寄贈してから展示を見に行ったんだけど、小さすぎてどこにいるのか全然わからなかったぞ!釣ったときも暗くてよく見えなかったから、まだしっかりとその姿を見ていないぞ!


こうして新たに3種類の生き物を見つけて、図鑑の残りもあと4~5種くらいじゃなかったかな?いよいよコンプリートが見えてきた。夏の間に採れるものは採っただろうか?ここで逃してるとまた来年まで図鑑が完成しないぞー!

チャスとパッチ

この二人は奇妙な関係性を構築しています。

この日はチャスの声が大きすぎる、いやそんなことは無いという議題で盛り上がっている様子。村長的にもチャスの声はデカいぞと言ってやると…
お、フォントサイズ芸が出た。

思いのほか真摯に受け止めて素直に声のサイズを落としてみるチャス。しかしその相手はさらなる素直、素直の向こう側に行ってしまってもはや素直とは別の側面を見せつけるパッチだ!
理想的返答!そして

フォント芸ー!

この2人が絡むとだいたいこんな展開だ!

マイペースすぎるパッチにチャスがいいように転がされてるのがとてもカワイイ。この生活始めてから「パッチー!」という絶叫を何度も聞いたものですが、復帰してからは初かな?やだもう懐かしいわ~。

キンカク伝説

西洋の騎士のような恰好に真っ赤なトサカ、話し方もオラオラ系なニワトリのキンカク。

だけど挨拶や口癖が変だったり、奇行エピソードが絶えなかったりで、同じ性格で同じ鳥類のクスケチャとは違って三枚目キャラとして定着しつつあります。

そんなキンカクの歴史に新たな1ページが…本人のいないところで刻まれました。
雨の日のマルコ。

洗濯物干したいよね~っていう話からカカシに着せて干してるよ、なんていうアクロバティックなライフハックを披露してくれました。ここまでならマルコのほほえましいエピソードで終わるワケですが…
突然のキンカク!

アホやな~!どこかヌケてるイメージがさらに加速してしまった。よそのキンカクはどうか知らないけどウチのキンカクこんなんばっかりだよ!すき!キンカクに何かあり次第また報告します。

夏の風物詩…なんだけど

ある日の昼間、なんの気なしに村に行ってみると、なんと今日が花火大会だというじゃありませんか!

ラッキー!こんなところで花火を見られる機会が得られるとは思ってもいなかったよ!ついでに浴衣のしずえさんも見られるとは思ってもいなかったよ!

さっそくマイデザインを渡してオリジナル花火を発注、夜を待ちます。

あ、左上に写り込んでいるのが新しい住人のナッキー、クスケチャのお隣さんです。まだあんまりエピソードが無い。
ウホホたのしみ~!

ココ何が売ってるんだっけな?手持ちの花火とかだっけ?せっかくの花火大会だから何か買うよ~、つねきちもこういう商売をしている分には無害なんだからさ~、これからはまっとうに働きな~?

そして夜を迎えた…!

迎えすぎた…深夜だ…。

完全に見逃した。気づいたら花火終わってた。しかもクスケチャがだれかとケンカしてるし…花火大会でなにかあったのかよ…。
しかし!まだ諦めないぞ!一個だけだけどホームセンターで花火を買っておいてよかった!これで花火を見られる、夏のノルマを達成できるのだ!

うぉー綺麗だー!花火をどこから見るかっていうのが流行ってるみたいだから乗っかっておこう、自分は横から派!そういう意味じゃないのか!?ガハハ!
ガッハハハ!

あぁ~終わる…ひとり花火大会が…。
おわ…………。

そういやお盆イベントを今年も逃してしまったな~。まだ一度も参加してないや、永遠に手に入らないキュウリとかナスのおきもの…。

オトナのやり口

よし、結構書いたしこれでラストにしよう。
ある真夜中。11時ころかな?

いつもはとっくに寝ちゃってるハズのマルコの家にまだ明かりがついていたので訪ねてみると、寝落ちしていました。

いや、寝落ちなのかな?ベッドがアレだから普段からここで寝てるのかもしれないけど…。
起こしてみるとたいそう驚いた様子をみせました。

そのままちょっと雑談していると不穏なワードがとびだすどうぶつの森…。オウゴンオニクワガタ…?欲しいの…?起こしたことが気に障ったのかしら…?

しかしそんな無理難題も当然オッケー!自分は村のコンシェルジュだからね!

しかもこのまえ村でオオクワガタも捕まえたし、この夏ドラドを3匹も釣ってる珍獣ハンターとは村長の事よ!南の島に行かずとも、村の中でオウゴンオニクワガタを捕まえてやりますとも!
ということで深夜の虫とり大会を始めたけど、やっぱそう簡単には見つからないよね。

以前オオクワガタを見つけたあたりにはカブトムシとなつのおもいでが。その後も村の中を歩き回りますが、レアな虫はなかなか見つかりません。数はいるんだけどね…。
探す場所を村の中から海辺のヤシ並木に移すとさっそくゴライアス!今年初の村ゴライアス!コイツを見てオウゴンオニクワガタもこの辺にいると確信したね!

そのあとゾウカブトも捕獲し、2匹目3匹目のゴライアスもゴライアス。う~ん…ゴライアス!!しかし肝心のオウゴンオニクワガタがいつまでたっても出てこない…。

もうすぐ日をまたぐというところまで来てふと思います。マルコはいつまで起きてるんだろう?

というかぶっちゃけ自分の方がそろそろ寝なければ明日が無い。マルコとどっちが先に寝るかのデッドヒートだ。

しかし村長のメンツとして、受けた頼みごとは成功させたい。ただもう寝なければ。マルコもいつまで起きているかわからない。

南の島に行く?いや、行ったところですぐに捕まえられるワケでは…どうする…どうすれば…あっ!
ここは我が家の二階。

カブトとクワガタを中心とした希少生物の部屋を製作中です。そしてソコにはもちろん、オウゴンオニクワガタもいるのです…。
…………。

マルコ!捕まえてきたぞ!ハハハ!すごいだろう!感動だろう!さすが村長だろう!これでメンツは保たれた!

…きったねぇ…大人ってきたねぇよ…!マルコの純情をもてあそびやがって…!しかし眠かったんだ、仕方が無かったんだ、お…オレは悪くねぇ…社会が…こ…この世界が悪いんだ…!

もうちょっとだけ夏

あ~結構いろいろあったな、夏。

写真見返しながら書いてるといろいろと思い出すモンだなぁ~。コレと言って取り立てるほどのことは何も起きてないんだけどね、


時間が過ぎるばかりで全く発展しないし大きな波もない、でもさざ波くらいならいつでも立ってるオトギ村からお送りしました。書いてて海に行きたくなった。


前号 オトギ村だより09号 「ハッピーホームデザイン」


0 件のコメント :

コメントを投稿