オトギ村だより01号 「でもどり村長のほろ苦い夜」


むか~しむかしのことじゃった~。

ある村の村長がハロウィーンを境に姿を消したそうな。残された秘書のしずえはたいそう献身的に村を守っておったそうな。

しかしその村長はというと、ときにインクをぶちまけ、ときにロボットを使役し、ときに芸能界でトップをめざし、それはそれは好き放題に遊び呆けてばかりおったそうじゃ。

そんなある日の事じゃった、2人は偶然にもふたたび出会うことになったそうな。

無責任で怠け者の村長にしずえはどうしたかというと、それはじゃなぁ…


オトギ村、再興!


というワケで「とびだせどうぶつの森 amiibo+」始めましたー!

「amiibo+」と言ってもこれは「とびだせどうぶつの森」を超大型アップデートしたものでしかも無料っていうね、このへんの感動は前回くどいほどお伝えしたので割愛しますが、ずーっと村を離れていたダメ村長を責めるでもなく、取り乱すでもなく、自然に受け入れてくれるこのスーパー秘書を見てくれ!

正直アプデはしたもののどんな反応されるのかちょっとビクビクしてたんだけどね、パーフェクトコミュニケーションでしょこれは。

しかも直前に村中の雑草も抜いておいてくれたから村は完全にキレイな状態なんだって、ちょっと気が利きすぎじゃない?ここまでされて戻らない村長いる?戻らざるをえないでしょ~?

もはや世の男性がみんなしずえさんレベルを求めるようになってもしずえさんを恨まないでねってカンジよね、任天堂罪深すぎ。くわばらくわばら。

村の現状



さぁさぁ戻ってきたぞ我がオトギ村…って散らかりすぎー!!

これは大半がハロウィーンの家具ですね、ハーベストの羽もありますし、あとは離れたところに花火大会のときの景品も放置してあります。

まずはこれらを整理するところから手を付けていく事になりますね、もう村全体のイメージとか以前の問題です。

え?ハニワ?あえてそこに置いてあるんですけどなにか?


その後、しずえさんから新要素「くらしサポート」や「ふるさとチケット」、「オートキャンプ場」なんかの説明を受けていったんお別れ。

くらしサポートに関するチュートリアル的なことが始まるので、とりあえずこなすために家に戻りました。久しぶりの我が家ですが、たしかこちらも地下室が完全に倉庫になっているし、他の部屋にも隙間すきまに可能な限り節操なく家具を押し込んでいたハズです。これも早いところ解消したいですね!

ウチのポスト

なんて思ってたらポストもパンパンだったー!しかも手持ちと郵便局まで一切の余裕なし

だって手紙って捨てにくいじゃん!なんて言っていられる状況ではないので、プレゼントを回収しつつ泣く泣く処理しまくり。回収したプレゼントはまたしても地面へ…仕方ないのだ、今は耐えるのだ…。

でもまぁ残しておきたいものはスクリーンショット撮ればいいんじゃない?って考えたらちょっと気が楽になりました。手紙の処分に困っている人はこうしたらいいと思うな!

あいさつまわり


そのあとは一旦髪を切りに行きたかったけどお店はすでに閉まっていたので住人へあいさつを。

最初に見つけたパッチは意外にもすんなりと受け入れてくれました。いや~パッチは絶対泣くと思ってたんだけどな、たくましくなったなパッチ!

ん?

(´;ω;`)ごめんよぉ~!


その後も村を回ってあいさつあいさつ。

キンカクには幽霊と間違えられたり…


サントスのくっさいセリフ聞いてなんだか安心したり…


新しく引っ越してきていた住人のイザベラとも出会いましたが、肝心のアイツにはなかなか会えません。


それがこのチャス!

なにかと暑苦しい性格で筋トレ大好き、虫捕り網が当たったの当たってないのでケンカしたこともあるけど間違いなく村で一番仲良しな赤っパナのネコ。最初からいた住人ということもあってなおさら思い入れが強いんですよね~。

で、この子が村のどこにもいない、家にもいない、メガホン使っても返事が無い。

もう見つからないし今日は寝ようかなと思ったころ…


あ、いた!建物の中だとメガホンが聞こえないんでしたね、なるほどなるほど。

それで見つかったはいいんだけど、みんな再会の言葉をかけてくれてたのにコイツなんて言ったと思います!?

「コーヒーはモカだな、よくわからないけど、ウマいんだ。」

ですって!

あのさぁ、それはもう何度も聞いたよ、鳩の巣に来るたびに言ってるじゃないか。ミルクがちょっとに砂糖が1個だろ~?聞き飽きたっての。毎度同じこと聞かされるこっちの身にもなってみろよ。というか久しぶりに会って何か他にいう事は無いのかよ、まったくこれだから筋肉バカは。


まぁ自分も毎度同じ、いつものコーヒーを頼むんだけどね。


と、こんな感じで復帰初日は過ぎていきました。

さすがに復帰初日という事もあってどうぶつの森にしては抑揚のある一日でしたね!しばらくはキリキリと働く日々が続きそうです。


あ、それとまだ再開するか悩んでいるあなた、ぜひ復帰してくださいよ!あなた専用の再会イベントが待っていますから!


次号 オトギ村だより02号 「サボりの代償」

0 件のコメント :

コメントを投稿