【100円】アサシンクリード4/海賊でアサシンって男のコだよな

最高にカッコいい海賊体験!

3月7日までPSplus加入者ならなんと100円というセール中!

くわえて以前1&2をプレイして面白かったということもあって、積んじゃうかもという懸念もありつつとりあえず買っておいたPS4版「Assassin's Creed Ⅳ BLACK FLAG」ですが、コレは面白いですねぇ~。

めちゃ気に入っちゃったのでこの機会にゼヒ多くの人にプレイしてもらいたい、ということで、まだ七合目だけど早めにちょっとした感想書いておきますね。なにせセールは3月7日までだから!

その前にまずはこちらをご覧ください!
あ…これもう自分が書くこと無いな…。この通りです、陸海シームレスなオープンワールドがスゴイし、海賊が好きなら絶対に楽しめます!あと動画の方にピンと来たらなおさら間違いなし!しかも3月7日まで100円!今すぐやろう!

と、ここでもう終わってもいいんだけど、せっかくだからもうちょっと読んでいきません?

ストーリーとかシステムとか

ストーリーは史実に基づきつつ陰謀論なんかを絡めたいつもの物を軸に、主人公エドワードを中心としたカリブの海賊たちの群像劇を描いたもの。

前作までとの接点もいちおうあるけど、正直知らなくてもいいんじゃないかな。自分も1&2をプレイはしたもののほとんど覚えてないし、3はプレイしてないし、第一に世界史が苦手すぎて面白さの3割も理解できていないと思うんですけど、それでも面白い。本作の柱である「暗殺」と「海賊」を十分に生かす、プレイ体験を盛り上げるものになっていると感じています。

アクションの面では「フリーラン」によるお手軽パルクールは健在、これがあるからアサシンクリードは面白いみたいなとこありますよね。今回は大きな都市が少ないので屋根から屋根へ飛び回る感は少し薄いですが、自然の中を飛び回るのもまぁアリかなって感じ。

戦闘(チャンバラ)に関しては難易度ひかえめ、よっぽどの大軍勢や狙撃手に囲まれなければそう簡単にはやられません。

そうなると暗殺するより手っ取り早くぶった切って進んだ方が早いんじゃないの?となりそうですが、本作は草むらという隠れられるポイントがたくさん用意されているおかげで今までよりも隠密行動がやりやすいし、鷹の目がめちゃくちゃ便利になってるし、相手には「警鐘」という仲間を呼ぶシステムもあるので自然と暗殺を目指すように誘導されている感じですね。

ちなみに現代編もちょっと趣が変わって、なんとアブスターゴ社側からの視点で描かれています。さらに主人公はプレイヤー自身、新入社員として働き始めた彼は次第にアブスターゴを闇を覗くようになり…みたいな感じ。こちらでは過去作品の裏側のデータなんかも手に入るので、ディープに知りたい人は特に楽しめるのではないでしょうか。

バイオレンス&エキサイティングな海賊体験

と、軽く概要に触れたところで本作イチバンの見どころ、海賊パートについて。

大砲の轟音が空気を切り裂き、鉄球が船体をえぐる!波を読んで舵を取れ!船長の無茶な注文にクルーは上を下への大騒ぎ!最後はみんなで相手の船に乗り込んで全てを奪い取れ!大人数でのチャンバラだ!

アサシンクリードのキモである静かで華麗な暗殺とは真逆の楽しさ、これがメリハリ効かせてて最高の相乗効果を生んでるんですよね~。

息を殺してアサシンしてきたあとはみんなで声を張り上げて海賊稼業、甘いもの食べた後はしょっぱいもの、みたいな無限ループが発生しています。やっぱり暗殺はちょっと地味で、ハデな海賊の方が目立ってはいますが、これは両方が揃っているからこその楽しさでもあるのでしょう。
クジラ ご期待ください
海賊してて楽しいのは戦闘だけじゃあ無いですよ~。

ボートで繰り出して巨大な海洋生物をモリで突いたり、宝の地図をもとに大海原を探索したり、ちょっとズレるけど交易艦隊に指示を出したりと、海賊らしいく海の楽しさを存分に味わうことができます。

というかそもそも操作(航海)が楽しいんですよね~。

舵輪を回す心地よさ、風にはためくマストの音、波を裂くジャックドー号の頼もしさ、全員で動かしている感覚。もう何もかもが新鮮で、あぁ、船乗りってこういうことなんだなと体感することができました。
あと自分が海賊に染まっていく感覚も面白いですよ。

ただただ船を走らせ、時折出会う綺麗な光景を眺める。そういうまったりとした船旅もまた楽しいです。離れた地点まで一気に移動できるシステムもあるのですが、なんとなく船で移動したくなる魅力があるんですよね。

自分が地味に気に入ってるのが船乗りの歌という航海中にクルーが歌ってくれる男くさい歌。船乗りムードをグンと高めてくれるいい要素だと思います。

でもね…

可能なかぎり戦いを避けていた自分はもう死んでしまいました。今では海に出るたびに舌なめずりしながら望遠鏡を覗いて船を値踏みし、邪魔な小砲船を衝角で蹴散らし、目当ての積荷を持っている船を見つけては襲撃しています。持っていなくてもデカい船は交易船のダイヤになるので襲います。

手配レベルを下げることもなくなりました。悪名を轟かせることに快感を感じているのです。海賊ハンターの持つレアで高性能な船を手に入れたいのです。愚かにも我がジャックドー号にケンカを売ってくるお嬢さんがたをアザラシの餌にすることに悦びを感じるのです。

クルーの歌う船乗りの歌もいいけど、大砲をブチ込んだときのクルーの歓声が自分を興奮させるのです。

あぁ、海賊ってこういうことなんだなと体感することができました。

キャラクターが魅力的

主人公エドワードは男の子が大好きな要素満載。

憎まれ口で自分勝手なアナーキスト。海賊の船長で闇に生きる天性のアサシン。華麗なパルクールで遺跡やジャングルもクールに走破。二刀流に4丁拳銃、獣を狩るハンターであり、鯨をも仕留める海の男。

どうコレ?もうバカみたいにカッコいいんですよ!おかしら…す…すき…。荒くれ者らしくちょっぴりクズいところもあるけど、ワルの魅力ってあるよね!
脇を固めるキャラクターもすごく魅力的で、個人的にお気に入りなのがこちらのサッチ。そう、言わずと知れたあの「黒ヒゲ」のサッチです!彼の豪快な面はもちろん、仲間にだけ見せる顔を見られちゃうのも本作の魅力。

黒ヒゲ以外にも名前くらいは聞いたことのある海賊たちがわんさか登場し、彼らが運命の荒波に揉まれていく様はとても惹きつけられますよ!

最後に

海賊とアサシンがうまく融合したアクション!そうそうたる大物海賊との共演!隠された陰謀!古代遺跡の謎!進めるほどに充実していくプレイ体験をこの機会にぜひ100円で味わっちゃいましょう!

PSplus加入者限定の価格だけど、一ヶ月だけなら500円くらいで入れるし、オマケに続編の「Assassin's Creed Unity」も100円で買って合計700円くらい。安すぎ。フリープレイじゃないから加入期間終わってもプレイできるぞ!まぁセール期間が終わってもPSstoreで3000円そこらだから、それでも買いだけどね~。

あ、ちなみにZ指定でかなり血を見るから、そこは注意してね。

とにかく買うなら今が絶対にオススメ!面白さは自分が保障するよ!面白くなかったら木の下に埋めて貰っても構わないよ!

さぁ、海賊の時間だ!

0 件のコメント :

コメントを投稿